業務内容

消防設備工事

建物には、面積や使用目的により、消防設備の設置が法律で義務付けられています。 消防設備には、自動火災報知設備、スプリンクラー設備、屋内消火栓設備などがあります。
これらの設置工事は、消防設備士が手がけることが必要です。消防設備士は、オーナー様等関係者と消防関係機関などの所轄官庁との間に入り、打合せや設計、施工までを行います。
千葉電設では、消防設備士の資格を持ったスタッフが責任をもって設備工事を行います。

消防用設備等点検

一般的な「消防設備点検」にあたるもので、自動火災報知設備、消火器、避難器具・誘導灯などの設備点検を行います。 建物の所有者・占有者・管理者は、消防法第17条の3の3に基づく「消防用設備等の点検・報告制度」によって建物の用途や面積に応じた消防設備が正しく安全に機能しているかを定期点検し、消防長または消防署長に報告する義務があります。 千葉電設では、消防設備点検報告制度に準拠した、確実な点検内容と整備で、お客さまの資産をお守り致します。防災訓練のお手伝いも致します。

防火対象物点検

多数の人が出入り等する一定の防火対象物について、所有者賃借人等のうち管理について権限を有する人は、火災予防のために防火対象点検資格者による点検と報告が、義務付けされています。
消防用設備等点検が、設備されているものの点検であるのに対して、防火対象物点検では、応急措置・救援救護・避難誘導などの防火管理体制の点検を行います。
千葉電設では、点検と共に消防署に報告する書類の作成・届出、不備内容についての是正等のサポートも致します。

まずはお気軽にお問い合わせ下さい。

042-795-3331

オンラインお問い合わせ